看護師のための筋萎縮性側索硬化症の解説

筋萎縮性側索硬化症(ALS)の症状

運動ニューロンは脊髄にあります。

 

そして、手や足、舌、咽頭、呼吸を司る全身の随意筋を支配しています。

 

筋萎縮性側索硬化症(ALS)の最初の症状は、
どの運動ニューロンが侵され、どの筋肉が弱くなるかによって異なりますが、
初発しょうじょうとしては手足の麻痺、嚥下障害、コミュニケーション障害などの
球麻痺症状が多いです。

 

筋萎縮性側索硬化症(ALS)では、呼吸を行なう筋肉が衰え、
呼吸障害が出現します。

 

ですから、夜間十分眠った気がしない、
起床時に疲労を感じる、頭が重いなどの症状を訴える患者さんも少なくありません。

 

呼吸障害が進むと、仰向けで寝ることが出来なくなり、
横を向くか、頭を高くしないと眠れなくなります。

 

息を吸う力が弱くなれば、同時に咳をする力が弱くなり、
淡や誤嚥した食べ物などを吐き出しにくくなるなどします。

 

さらに呼吸筋が弱まり、呼吸困難を生じると、
人工呼吸器の助けを借りなければ呼吸が出来なくなります。

手足の麻痺による運動障害

筋萎縮性側索硬化症(ALS)の患者さんの75%くらいの人が、
手足の動きに異常を感じて病院を訪れます。

 

初めの症状は、「箸が持ちにくい」、「重いものが持てない」、
「手や足が上がらない」、「走りにくい」、「疲れやすい」、
「手足が腫れる」、「筋肉がピクつく」、「筋肉の痛みやつっぱり」
などの自覚症状です。

 

初めの症状が出てから、徐々に手足の筋肉が弱くなりやせ細ってきます。

 

進行すると、日常生活動作(ADL)の自立が難しくなり、支援が必要になります。

球麻痺症状

筋萎縮性側索硬化症(ALS)の患者さんの25%くらいが、
初期症状として「舌や咽頭の筋肉の弱まり」、
「話しにくくなる」、「唾液や食べ物が飲み込みにくい」などの症状を訴えます。

 

・嚥下障害

 

 嚥下障害が起きると、舌や咽頭の筋肉が弱くなるために、
食べ物や唾液を飲みにくくなり、むせることが多くなります。

 

 嚥下障害のため、食べ物の嚥下が難しくなると、
経口摂取ができなくなるので、栄養管理が必要になります。

 

 体力を維持するための栄養物を摂取するために、
経口摂取から経管栄養へ移行していきます。

 

・コミュニケーション障害

 

 筋萎縮性側索硬化症(ALS)では、舌が萎縮したり、動きが思い通りにならないため、
言葉が不明瞭になり、「らりるれろ、ぱぴぷぺぽ」の発音がしにくくなります。

 

 進行すると発語が難しくなり、同時に手や指の筋肉も弱くなるので、
筋力を失って筆談も出来なくなります。

 

 このようなことから、意思伝達を含むコミュニケーションに障害が生じます。